とある通信会社で働く人の業界裏話ブログ

通信関係で思うことをつらつら書くつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

私が携帯を変えたワケ

ずいぶん間が空いちまったですね。
どこまでいったっけ。下水管までか。

で、そこまでやると下水逆流の危険性は一段落するわけで、
次を探そうというスイッチが入る。

さて、どれを選ぶか。
携帯は会社から支給されてるので、必然的にキャリアは決まる。

必須条件として欲しかったのは、オーディオ機能だ。
SH51以来、MP3プレーヤから遠ざかっているが、最近は
ミュージック携帯も増えてきたのでここは復帰のチャンスだ。
この時点で、選択肢としては
W31SA/W31S
ということになる。くわえて、
W21T/W22Hあたりもいけるようだ。

まず、A5402Sの経験から、SEのバッテリ持続時間の短さには
不満を持っていた(EZアプリを通勤の1時間程度使うと毎日充電
しなければならなかった)ので、W31Sは選択肢から外れた。
カタログスペック的にも連続待受時間250時間だが、ただでさえ
バッテリの消耗が激しい3G携帯だ。公称240時間だった
A5402Sを考えても、ちょっと選ぶ気にはなれない。
同じ理由でW22Hも外れた。

ということでW31SAとW21Tに絞る。バッテリだけでなら
間違いなくW21Tだ。

ただ、できれば、SH51のときにそろえた資源は
有効活用したかった。SDカードはもはや使えないが、
SD-jukeboxはW31SAなら使いでがある。
また、W21Tはオーディオ再生ができるといっても
あくまで”裏技”的な扱いだ。

ということでW31SAにすることにした。
いやー選んでるときって楽しいね。

しかし、問題はここから始まる。
仕事の関係上、電話番号は変えられぬ。いわゆる機種変になる。
しかし、通常機種変時に必要な旧携帯は流れてしまっている。

AUのサイトによると、盗難・紛失の場合でも、

>> ご用意いただくもの
>>
>> ご本人さま確認書類 (原本)
>> 現在ご利用中のau電話本体
>> ご印鑑 (法人の場合は法人印)
>> 携帯電話の代金

を用意すれば機種変更は可能らしい。ただし、この携帯は
法人契約だ。念のためカスタマーセンターに電話して確認する。
「印鑑だけあればだいじょうぶですよー」
・・・第1関門クリア。

で、会社に忍び込む。日曜なので誰もいない。
総務担当者のデスクをあさる。

「・・・鍵かかっとるやん(大汗)」

うわーそうか、なんとか保護法案でキャビネットに鍵かけるとか
ゆうとったなそういえば。

どうする?どうする?

・・・しかたねぇ、直談判だ。

AUショップに殴り込みをかけることにした。
いちおう、事務処理のときに使うナンバリングのハンコを持って。
たぶん役にはたたねェだろうが(笑)

私「あのー携帯トイレに流しちゃったので新しいの欲しいんですけど・・・」
K店員「番号わかりますか?」
私「090-XXXX-XXXXです」
K店員「会社名は?」
私「XXXXです」
K店員「機種はお決まりですか?」
私「W31SAで考えてるんですが」
K店員「少々お待ちください」

拍子抜けするぐらいあっさりだ。


ソーシャルエンジニアリングって知っとるかねキミ(汗)。

K店員「28000ポイントたまってますけど、お使いになりますか?」

う(汗)
どうしよ。使ってええんかな。
誰かに聞こうにも連絡先ごとトイレに流してしもとるで。
私「お、お願いします」
やらずに「アホやな~」といわれるより、やって怒られるのが
私のぽりしーだ。
K店員「はい、では1回に使えるのが6000ポイントなので、
    \12,000の値引きとなり、総額2980となります」
私「・・・カードで」
かくして、財布から1銭も出さずに手続き終了。

後日、案の定総務担当者に怒られて、給料から天引きとなったのだが。
誰がポイントためたと思っとんねん。
「会社の金。」
・・・・そのとおりでございます、ハイ。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/05(日) 02:54:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Google

プロフィール

yatz

Author:yatz
都内でとある通信会社に勤務しています。
景気よくないです(汗)
こんなことで大丈夫なのかな・・・

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。