とある通信会社で働く人の業界裏話ブログ

通信関係で思うことをつらつら書くつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

迷惑メールへの対策について

引越しに伴いテスト投稿+修正です。

日本でもOutbound Port 25 Blockingが本格化してきました。
WAKWAK、SANNETが先行していましたが、IIJが導入したことにより一気に拡がりそうな気配です。

アメリカではメジャーなSPAM対策らしいですが、
少し疑問に思う点もあります。

【SPAM業者が回避方法を使うようになったらどうなるのか?】
メールの送信方法としてMessage Submission(Port587)やSMTP over SSL/TLS(Port465)を使うことになるのですが、メールソフトと送信メールサーバ(SMTP)が対応している必要があります。
と言うことは、port587を利用できる他社プロバイダにて運用されるメールサーバを利用すれば今まで通り送信できてしまうんじゃないの?と言う疑問が出てきます。
要はその他社プロバイダのメールサーバを運用するSPAM送信屋という業種が出来てしまうんじゃないかと。

また、そもそもport25の通信をそのプロバイダが提供しているSMTP宛に絞っちゃえばいいんじゃないの?という気もします。
なんでわざわざ25番を完全に閉じちゃうんだろ。

まぁ、他人事ではなくなっちゃったので、否が応でも研究してみる必要がありますね。

【プロバイダ提供のメールサーバ以外が使えなくなる?】
つまりはこの対策はプロバイダが迷惑メールの発信元として自社のIP、それもダイナミックで割り当てるIPアドレスを利用されることを警戒しているわけで、基本的に自社提供のメールサーバを送信サーバとして利用させることで対応が取りやすくなる、と言うのが本音だと思うんですね。
悪い言い方をすれば提供者側の理由ですね。

と言うことは、逆にいうと、ユーザがプロバイダを選ぶ基準として、利用せざるを得ないSMTPサーバの仕様が重要視されてくる可能性があります。
昨今のブロードバンドの普及に伴い、ユーザのニーズとして「大容量のメールをやり取りしたい」というのは無視できないレベルになりつつあると思います。
たとえばWAKWAKは20MBまでのメールの送受信がOKなようですが、実際のPC上のファイルサイズだと13~15MBぐらいになるはずで、それ以上のメールを送信する必要がある場合は分割機能を持った(悪名高い)Outlookの機能を利用するか、プロバイダを変えるかのどちらかしかなくなってしまうわけですね。

をを、チャンスやん>アサヒネット

私的にはインターネットの自由性が若干損なわれるような気もしていますが、Abuseの対応は人的にも資源的にも尋常ならざる労力と負荷が掛かるのである程度のマネージドネットワークへの移行は仕方がないのかもしれませんね。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/26(水) 19:02:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<テクニカル(以下略)試験解答速報(午前) | ホーム | 引越ししました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatz.blog31.fc2.com/tb.php/1-62d0f2e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Google

プロフィール

yatz

Author:yatz
都内でとある通信会社に勤務しています。
景気よくないです(汗)
こんなことで大丈夫なのかな・・・

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。