とある通信会社で働く人の業界裏話ブログ

通信関係で思うことをつらつら書くつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

これからのインターネットトラフィック

このブログの運営元であるfc2.comのトラフィックが2ちゃんねるを超えたそうで。

トラフィックの量の世界ランキングで111位はかなりすごいと思います。

まぁ、その上にはmixiが100万人突破という偉業を達成したり(世界ランクは73位でした)と、まだまだ新しいトラフィックを獲得する余地はあるようです。

ちょいと古いですが、
インターネットのトラフィックに関する総務省の調査
によれば、2004年11月から2005年5月までの半年の間に、インターネットの通信料は1.5倍になったそうです。

このままのペースだと、来年5月には1Tbpsを超える勢いとのこと。

1TbitといえばByteに直しても125GB、そんじょそこらのハードディスクの容量より多いやん。
それだけのデータ量が行き来してると考えるとちょっと怖いですね。

ただインターネットの場合難しいのは、そのトラフィックを換金する方法を考えないと事業として立ち行かなくなってしまうます。
ここが今までの通信サービスと違うところで、単純にトラフィック=課金だった旧来の通信事業者は、うまく頭を切り替えないと逆にヒルズ族をはじめとするIT系企業に飲み込まれてしまうかもしれません。

しかしながら、一方でブロードバンドの契約者数の推移は、確実にその伸びが鈍化しているように見えます。
先日、内閣情報調査室の方のお話を聞く機会があったので、その点についてお尋ねしたところ、ブロードバンドを必要とするユーザにはある程度いきわたった可能性もあり、現在は状況を分析している最中とのこと。

とすると、トラフィック激増の要因は2つ。

・既存ブロードバンドユーザが爆発的なトラフィックを発生するようになった

・ブロードバンドには含まれない携帯ユーザが利用を拡大させている

ということですかね。

特に、最近の携帯の発展は本当にめざましく、フルブラウザや3Gによる高速化など、次々とその付加価値を向上させています。

固定系ブロードバンドがインフラ整備→システム整備→セキュリティと、いわばお上の主導による施策で発展してきたのに対し、携帯系はコンテンツ→セキュリティ→インフラ整備とまったく逆のパターンで進んできているのがポイントだと思います。

IT戦略も、もっとコンテンツ作りに投資すべきだと思うんです。
できたらヒルズ族以外のところにね。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/27(木) 22:19:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<緩やかなデフレですか。通信に関しては激しいですけどね | ホーム | テクニカル(以下略)試験解答速報(午前)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatz.blog31.fc2.com/tb.php/11-22460599
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Google

プロフィール

yatz

Author:yatz
都内でとある通信会社に勤務しています。
景気よくないです(汗)
こんなことで大丈夫なのかな・・・

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。