とある通信会社で働く人の業界裏話ブログ

通信関係で思うことをつらつら書くつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

携帯業界に新しい風(暴風かも)

総務省が BB モバイル、イー・モバイル、アイピーモバイルの 3 社に携帯電話事業への新規参入を認めました。
これにより、「アイピーモバイルの申請が却下されたら狙う」といっていたライブドアは言葉どおりであれば当面参入しないと言うことになります。
(とりあえず良かった、と思います)

また、これを受け、アイピーモバイルがサービスの概要を発表しました。

記事中に
「MVONによる他事業者への開放、さらなる高速化などの計画も明らかにされている。 」
とありますが、これはMVNO(Mobile Virtual Network Operator)の間違いでしょうね(^-^;

ここで各社のサービスを整理すると、

SBB(BBモバイル) 1.7Ghz W-CDMA
イー・アクセス(イーモバイル)1.7Ghz W-CDMA
アイピーモバイル 2Ghz TD-CDMA

うぅ、早くもアイピーモバイルにTu-Kaの匂いが(汗)
さらに本日行なわれたアイピーモバイルの事業発表会によると、2009年度末時点での目標加入者数は約430万とのことですが、通話だけのユーザでこれを実現するのはムリでしょう。
TD-CDMAのメリットであるデータ通信の高速性を生かして、どれだけのモバイルユーザを引き込めるか。ここでターゲットとすべきはまさにウィルコムですね。

イーモバイルはソフトバンクとガチンコで、追加の5Mhzをめぐって戦いを繰り広げることになりました。
先に250万加入を達成したほうに追加の周波数が割り当てられます。しかし、もともとコンテンツを持っていないため、アイピーモバイルと同じようにサービス一本で勝負していかねばならず、少し苦しいと思います。
イーモバイルの携帯事業に関する記者会見によると、今後5年間で500万加入を目指すそうです。目標としてはアイピーモバイルより若干控えめに見えますが、戦いはそれ以前に決すると思われます。

サービスエリアの早期拡大に向けて、ドコモへのローミングを熱烈に希望していますが、これをドコモ側が面白く思っていないため、やはりまだまだ未知数です。

と言うわけで本命はやはりソフトバンクです。Yahoo!と絡めてくることはほぼ確実で、これでワンビリングプロバイダとしての土壌が仕上がったため、個人向けに思い切った戦略に出てくる可能性があります。
これまでと違い、ある程度仕上がった市場でどのような戦略を打つのか、単なる相場師だったのか、それとも・・・。
企業としての実力が問われると思います。

例によって私は絶対利用しませんが(←初期やほーBBの被害者)
スポンサーサイト
  1. 2005/11/10(木) 11:34:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<加速する業界再編 | ホーム | ドコモがタワーレコードを傘下に>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatz.blog31.fc2.com/tb.php/16-6870a7e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TU-KA by KDDI [ツーカー関西]

TU-KA by KDDI [ツーカー関西]の話題をカキコしましょう。
  1. 2006/01/05(木) 10:55:28 |
  2. くま男のブックマーク~QRコードで携帯サイトにアクセス

Google

プロフィール

yatz

Author:yatz
都内でとある通信会社に勤務しています。
景気よくないです(汗)
こんなことで大丈夫なのかな・・・

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。