とある通信会社で働く人の業界裏話ブログ

通信関係で思うことをつらつら書くつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

平成電電が民事再生手続き開始

きましたねぇ~~
業界ではずいぶん前からきな臭いうわさがたっていましたが、
ついに、という感じです。

しかし、そもそも事業として成り立つの?という料金だったので、
支援する企業が現れるのかが心配です。
うわさによると社員自身が営業活動として解約を勧めているとかいないとか。
おだいぢに>現ユーザさま

ただ、各通信キャリアにとっては決して対岸の火事ではなく、
ソフトバンクインボイスの件といい、ドライカッパ陣営はかなり苦しい
展開を強いられているようです。

NTTの一般加入回線6000万に対し、ドライカッパ陣営が
獲得できた回線数は100万程度とも言われ、当初の目論見からの
乖離が大きくなっています。

一方、IP電話は1000万回線、企業における普及率はとある所の
データによると1割程度らしいので、ますます
「IP電話でしょ!」な空気を感じます。


まぁ、ドライカッパには基本料金の削減以外にこれと言った
メリットないですもんね。

さぁ、一体どんな幕引きになるのかなぁ。


それはさておき、私的に現時点で個人利用用途で選ぶなら


メタルプラス(基本料削減)+DIONADSLでKDDI-IP電話(通話料削減)


さらに!可能ならAUの携帯にしてまとめて割引でさらに削減


というプランをおすすめします。まさに自分の選択なので。
(しかし開通の目処はいまだ立たずなのがちょっと心配)
これぐらいトラフィックを囲い込めると、キャリアにとっても十分メリットあるでしょうね。

とくに、WINの2.4Mbpsでのインターネットアクセスはかなり快適。
いよいよモバイル時代の本格到来を予感させますね。
PC用の定額プランが出来たら、B5ノートでモバイルしたい!
と真剣に考えるかも。

これ、携帯の番号ポータビリティとタイミング合致してたら
KDDIにとってものすごい追い風になっただろうになぁ。

なんにせよ、決戦の部隊はもはや携帯市場、
ソフトバンクはもうフォーカスを移しています。
ドライカッパで「経費削減型」の提案が苦しいのはわかったはず。
どんなコンテンツでもって付加価値と差別化を提案してくれるのか、
とても楽しみです。



・・・私は絶対選ばないですけど。<やほーADSL初期の被害者
スポンサーサイト
  1. 2005/10/04(火) 20:06:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<通信業界で生き抜くために | ホーム | 夢の超特急の本気>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yatz.blog31.fc2.com/tb.php/5-3bedb1a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Google

プロフィール

yatz

Author:yatz
都内でとある通信会社に勤務しています。
景気よくないです(汗)
こんなことで大丈夫なのかな・・・

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。