とある通信会社で働く人の業界裏話ブログ

通信関係で思うことをつらつら書くつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

GmailがIMAP対応

スラドによると、英語版のGmailがIMAPに対応し始めたらしい。
http://slashdot.jp/article.pl?sid=07/10/24/0833229

でかした!!!

いやー待ってたよ
POPだと1回しかダウンロードできないからね現仕様では。

このサービスこそIMAPがふさわしいサービスだと思う。
まだ日本語版では対応していないようだが、時間の問題であることを願う。
  1. 2007/10/26(金) 10:10:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

wikipedia創始者インタビュー行くぜ!

ジンボ・ウェールズ公開インタビューの追加枠が取れました。

久々にうれしい!!!

何聞こうかなぁ
  1. 2007/03/13(火) 10:17:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Gmailその後(ノート等利用者は要注意)

う~~~すっかり更新が滞ってしもてまんな(汗)

最近気づいたこと。

どうもGmailではPOPは1回しか取れないようです。

これ、何気に不便。

たとえば、通常のPOPだと当たり前のように出来ていた、
サーバにメッセージを残して2台のPCで
同じメールを受信する、という
ごく当たり前のことができません。
片方でPOPでダウンロードしたメールは、もう1台の
PCではPOPでダウンロードできなくなってしまいます。

つか、できるんだけど、WEBインターフェースから
「すべてのメールで POP を有効にする」という設定をしてから
でないとダメ。しかも、既読も含めて全件が落ちてしまい、
正直、かなり使い勝手が悪いです。

よって、必然的に通常のメーラのチェックではなく、
統一インターフェースとなるWEBメーラでの
アクセスが増えてきているのは確か。
でも、フォルダ分けが弱いんだよね・・・
検索使えばどうにかカバーできるけど。

まったくもって完全にGoogleの思うつぼ?
  1. 2007/02/04(日) 22:58:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ずいぶん挑戦的じゃねぇか(^-^;

[ゴミ箱] にスレッドはありません。 2000 MB もの容量があるので、メールを削除する必要はありません。

#いえいえ、本格的にビジネスで使ったら、2Gぐらい1年でいっちゃいますって(汗)

↑上のメッセージが何かは、あとで説明しますが、
Gmail for your domainの利用報告をば。

POP、SMTP、WEBのどのアクセス方法でも、全てWEBメールというインターフェースで一元的に管理されており、基本的にはとても使い勝手がいい、と言うのが第一印象です。

例えばメーラからSMTPで送ったメールも、WEBから入ると「送信済みアイテム」に確認することが出来ます。
いっぽうで、SMTPで自分宛に送信したメールは、POPで受信することが出来ません。しかし、WEBではちゃんと「受信トレイ」に入っています。
いかにもWEBメールがベースなんだなぁ、と実感します。

よくあるホスティングサービス等のWEBメールでは、メーラでのアクセスをベースに考えられており、WEBメールはあくまで”おまけ”的な要素が強いことがネックでした。
これに対し、GmailはもともとがWEBメールを前提につくられているためか、非常に高い親和性を実現できています。また、昨今の迷惑メールの異常な増大は、メールサーバ管理者に大きな負担を強いており、このようなサービスが独自ドメイン(法人等)でも利用できるということは、非常に大きなメリットだと思います。

ただし、メールデータや連絡先という非常に個人的なデータをインターネットという公共の場に保管するということはISMSやプライバシーマークを取得するような企業には受け入れられにくいのではないでしょうか。
また、ビジネス上の重要なファイルも保管されてしまうことになります。
そのようなデータがIDとPASSだけで閲覧されてしまう状況にあるということに、ある種の恐怖感を覚えるのも事実です。

しかし、現在のGmailにはメールデータをエクスポートする機能はありません。(ちなみに連絡先のインポートとエクスポートは出来ます)
そればかりか、ごみ箱に移動したメールを削除すると、一番最初のメッセージが表示され、あたかも”消すな”といわんばかりの態度。

”故意的に”非常に危険な状況を作り出しているようにも感じます。

Googleは非常に高度な技術集団です。恐らく当面は純粋に技術的ノウハウの蓄積に利用したいのかも知れません。ただGoogleの規模を考えると、一歩間違えると、OS市場を席巻したMicrosoftなど比にならぬほどの危険な状態に遷移する可能性は改めて述べるまでもないでしょう。

まぁ、そんなことを言い出すとサーバのアウトソーシングはできなくなってしまうんですけどね(^-^;

メールデータのエクスポート機能と、そのビューア(ある種Gmail専用メーラ)作ってくれないかなぁ・・・・
  1. 2006/09/01(金) 20:21:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Gmail for your domain 完了

Gmail for Your Domainの招待メールが来ました。
※ただ、今は普通のGmailも含めてサインアップ制になっているようです。

さっそくMXレコードやメーラの設定を変更。
POP、SMTPともに通常のポートではなく、SSL(TLS)のポートを利用するという点に注意すれば、さほど難しくはありません。
無事セッティングが完了しました。

利用感はまたレポートしたいと思います。
  1. 2006/08/28(月) 06:05:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

Google

プロフィール

yatz

Author:yatz
都内でとある通信会社に勤務しています。
景気よくないです(汗)
こんなことで大丈夫なのかな・・・

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。